運転代行の車両

コラム

運転代行が混雑する時期・時間帯・曜日はいつ?

ゴールデンウィークも終わり、あたたかい日々になってくるこの季節。
暖かい季節になってくると、お酒を飲みに行く機会も増えるのではないでしょうか。

お酒を飲んだ帰りには、運転代行という選択をされる方も多いと思います。
運転代行は便利で助かるサービスである一方、ハイシーズンや時間帯によっては、電話が繋がりにくかったり、混雑で長く待つことになってしまったり…という経験をされた方も多いはず。
本記事では、楽しい時間を過ごした後に「運転代行」を利用する・利用しようと考えている方に向けて、混雑する時期や時間帯を紹介します。

運転代行が混雑する時期は圧倒的に年末!

運転代行業者にとって、やはり忘年会シーズンには年に一度の大きな需要の波が来ます。
どのくらいの差があるかというと、12月はそれ以外の月に比べて2倍以上の売上になるという運転代行業者も多いです。

12月以外にも、お盆や夏休みがある7月~8月にかけて、年明けの1月、年度末の3月も混雑しやすい傾向にはあるものの、そこまで大幅な増加はありません。
12月、中でも年末のシーズンには、飛び抜けて多くの人が運転代行を必要としていることがわかります。

運転代行が混雑する曜日は?

当然ながら、お休みとなる方が多い週末の方が平日に比べて運転代行の需要が高くなっています。
金曜日・土曜日には他の日の約1.5倍から2倍の需要があると考えられています。

また、日曜日は全体的に金曜日・土曜日ほどの忙しさではないものの、日曜日をお休みとしている運転代行業者も多いことから、運転代行を頼んだ際の待ち時間は比較的長めになってしまう傾向にあります。

運転代行が混雑する時間は?

運転代行の忙しさとしては、23時台がピークです。
また、その前後の時間帯である21時~翌1時頃までは忙しいケースが多く、長めの待ち時間となってしまうこともあるでしょう。
21時以前、または翌1時以降の時間帯であればスムーズに運転代行を利用することができるケースが多いです。

例外として、日曜日だけは次の日が仕事の方が多いこともあるためか、ピークの時間帯が1時間ほど前倒しになる傾向があります。

まとめ

運転代行が混雑する季節や曜日・時間帯について、紹介しました。
地域差なども若干あるものの、基本的には日本全国で忘年会シーズンの需要の多さと、週末、23時付近の混雑状況は共通しています。
混雑している状況に対する運転代行業者への理解と、「少し時間をずらして運転代行を注文する」アクションで、混雑へのイライラを少しでも減らすきっかけになれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
「#運転代行」人気ブログランキング

-コラム